書評:動物保護入門 ドイツとギリシャに学ぶ共生の未来 浅川千尋 有馬めぐむ著

2020/2/25    

  今回は、 始めて動物保護・愛護に関する本を手に取ってみた。 きっかけは、哲学の授業で環境倫理について学んだ時、ピーター=シンガーの「動物解放論」について知ったこと。 この本は、ピーター= ...

書評:孤立不安社会 つながりの格差、承認の欲求、ぼっちの恐怖 石田美規著

2020/2/25    

    ぼっち 比企谷八幡という少年は、単なるラノベの主人公にとどまらなかった。   彼は、現代の「ぼっち」を象徴しているもの。 人に関心を持たず、労働を嫌い、専業主夫を ...

書評:男子が10代のうちに考えておきたいこと 田中俊之著

2020/4/24    

  絶望の国 ある人は、日本をそのように形容しました。 この本は、生きる術について考えるための指南書。 これから何が必要になり、逆に何が不必要になるのか? 著者情報と概要 田中俊之 1975 ...

書評:批判的スポーツ社会学の論理ーその神話性と犯罪性をつくー 影山健著

2020/2/18    

  オリンピック? 汚輪ピック?   著者情報と概要 影山健 一九三〇年生まれ(二〇一六年没) 東京教育大学体育学部卒業 東京大学大学院修士課程修了 教育学修士 文部省体育局文部事 ...

書評:恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 牛窪恵

2020/5/14    

  「恋愛しない若者」 とよく聞くけれども、その内実ってどうなっていて、何が原因になっているのだろうとはあまり考えたことはなかった。 しかし、そのままでは大学生の名が廃る。 気になったのなら ...

フランス語

美女と野獣をフランス語で読んでみた。本の内容も紹介します。

2020/2/16    ,

    フランス語で「星の王子さま」を読み終わり、容易な文章ならばある程度読めるようになった(と思う)ころ 私が次に選んだ物語は フランス語で名作短編か編まれた一冊。   ...

書評:カエルの楽園 百田尚樹著

2020/2/12    

  「forecast」 予言という意味をもつ。 これから紹介する本は、ある種「予言書」ともいえる一冊。   これらの出来事を見て、あなたは何を思うか。 著者情報と概要 百田尚樹 ...

書評:不道徳教育講座 三島由紀夫著

2020/2/9    

    七〇〇〇と数百日生きていると色々分かってくる。 この世には、漫画の様などんでん返しなぞそうそう起こるわけでもない。 人様というものは、自分が最も愛らしく、 他人を助けたいと ...

Copyright© アナクシマンドロス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.