英語

英語エッセイの書き方をご紹介。文章の構成やポイントも一緒に。


こんな方におすすめ

  • 「エッセイ」というものが分からない人
  • 「エッセイ」の具体的な書き方を知りたい人
  • 英文を書くのに必要なことを知りたい人

 

この記事を見ているということは、少なくとも英語の「エッセイ」について関心があるということ。

 

キホンの形

まず基本の形から紹介しましょう。

英語に限らず、文章を書く時はこの形を参考にするといいでしょう。

ポイント

INTRODUCTION(序論)

BODY(本論)

CONCLUSION(結論)

 

序論で、トピックセンテンスやハンガーワードを書き

本論で、トピックについての詳細、

結論で、内容の要約や、序論・本論から導き出されるような事柄

を書くという感じです。

 

簡単に書けば、

I will tell you about my favorite comic book.

My favorite comic book is "My hero academia". This comic book has a story that describes one boy who will become one of the greatest heroes.

For I love it so much, I read these comic books at least every other day.

 

という感じ。

 

様々な表現

 

metaphor(隠喩・暗喩)

暗喩(あんゆ)〔=隠喩(いんゆ)とも言います〕とは,たとえの形式をはっきり示さずにたとえる方法です。たとえられるもの(A)とたとえるもの(B)との関係が極めて密接で,「のよう」などの語を省略し,「AはBだ」とする表現方法です。

https://chu.benesse.co.jp/qat/363_j.html

英語で言うなら、

He is as wise as dogs.

などでしょうか。

 

 

similes(直喩・転義法)

直喩(ちょくゆ)とは,
「〜のようだ」「〜に似ている」などの説明の言葉と一緒に,ある事柄を他のものにたとえる方法です。あるものごと(A)を述べるのに,他のものごと(B)を持ってきてそれによって,ものを表現する方法です。

https://chu.benesse.co.jp/qat/363_j.html

英語だと、

Coffee testes bitter like a life.

の様に、前置詞の「like」を使うなどして、直接的なたとえを避ける感じで使えると思います。

 

subordinate conjuction(従位接続詞)

名前は少々ムズカシイ感じに聞こえますが、なんてことはありません。

代表的なものは「when」です。

「~の時、〇〇する・した」という時に使うアレです。

 

例えば、

When he was on his way home, he caught in a shower.

とか

He bumped into one of his friends while he was walking around the park.

とか

This tea is so hot that I can't drink it.

など。

 

主節にくっついて、描写をより正確に、そして具体的にする役割を持っています。

主節にくっつくから、「従属」接続詞というのですね。

 

adjective(形容詞)

形容詞は、どんな文章を書くうえでも重要です。

特に食べ物について、文章を書く時には「形容詞」があった方が断然伝わりやすいです。

 

Fried chickens are so Juicy and crispy and its meat is so tender  that I can't stop eating them !!

Do you wanna eat fluffy doughnuts ?

って感じでしょうか・・・。

 

adverb(副詞)

副詞もまた、形容詞と同様事柄を細かに記述するのに、重要な要素です。

He runs fast.

Her suggestion made me change what was in my mind dramatically.

Rising to the challenge at those times is surely the mark of a true hero.

 

動詞や形容詞を修飾して、文章全体の意味をより具体的に記述のに役立ちます・・・!

details(詳細)

状況の様々な要素

  • 誰(who)
  • いつ(when)
  • どのように(how)
  • どこで(where)
  • だれと(with whom)
  • なにを(what)
  • なぜ(why)

これらの要素を明確にすることで、文章は非常に読者にとって分かりやすくなるでしょう・・・。

 

topic sentence

先ほど、ちらっと「トピックセンテンス」と書いたのですが、

この「トピックセンテンス」とは

In expository writing, a topic sentence is a sentence that summarizes the main idea of a paragraph. It is usually the first sentence in a paragraph.

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Topic_sentence

「パラグラフのメインアイデアを要約した文」のことですね。

英文を書く時には、一番最初の部分に完ぺきである必要はありませんが、簡潔なまとめ文があると、その後文章を読むのが楽になります・・・!

 

まとめ

どうでしたでしょうか。

序論・本論・結論の形式を守るだけでも、文章を書きやすくなると思います!

是非参考にしてください・・・!

 

ブログ

2020/5/20

大学生・コロナ:オンライン授業いつまで?どう勉強?テストは?過ごし方は?

    コロナウイルスの影響で 小中高、そして大学生にも大きな、大きな影響が出まくっている。   オンライン授業も、その影響の結果の一つ。   大学側は大慌て。学生も学生で、暇を極めている。本当にすることがない・・・   そんな「オンライン授業」について、   後はオンライン授業に対して不安な人のために   「大学生側」がどのように対応すればよいのか、まとめていこうと思います・・・!   目次 オンライン授業の期間色々な科目群 ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索 雑学

2020/4/7

ヒロアカ第五期:「新たな何かが、目覚める」隠された単語は?意味は?

    「僕のヒーローアカデミア」 第四期が終わり、さらには第五期の放送も決定しました。   そのキービジュアルも公開されました! 今回は、そのキービジュアルから、いろいろ考察してみたいと思います!   注意、この記事は「僕のヒーローアカデミア 第5期」のネタバレを含んでいる恐れが大きいです・・・! 閲覧にはご注意ください。   プルスウルトラ!!   目次  キービジュアル考察新しい何か。出久の後ろ関連記事  キービジュアル   &n ...

ReadMore

2020/2/25

書評:動物保護入門 ドイツとギリシャに学ぶ共生の未来 浅川千尋 有馬めぐむ著

  今回は、 始めて動物保護・愛護に関する本を手に取ってみた。 きっかけは、哲学の授業で環境倫理について学んだ時、ピーター=シンガーの「動物解放論」について知ったこと。 この本は、ピーター= ...

ReadMore

2020/2/25

書評:孤立不安社会 つながりの格差、承認の欲求、ぼっちの恐怖 石田美規著

    ぼっち 比企谷八幡という少年は、単なるラノベの主人公にとどまらなかった。   彼は、現代の「ぼっち」を象徴しているもの。 人に関心を持たず、労働を嫌い、専業主夫を ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索

2020/2/28

緑谷出久が自殺しなかったのは爆轟勝己のおかげ|考察・推測

  多分こんなこと書いているの私くらいでしょうね。(暇かよ)   僕のヒーローアカデミアの一巻を見てみると、結構かっちゃんの性格や言動がキツイ・・・。 演出と考えれば納得は出来るけ ...

ReadMore

asmr

2020/2/21

asmr おすすめ作品をご紹介。asmr歴4年以上の大学生がオススメします。❷

    目次 最近のASMRasmrをする人たち日本語asmrの増加?シチュエーション系の増加!私的オススメasmr!!ASMR 肩から背中にかけて叩くマッサージ - Should ...

ReadMore

2020/4/24

書評:男子が10代のうちに考えておきたいこと 田中俊之著

  絶望の国 ある人は、日本をそのように形容しました。 この本は、生きる術について考えるための指南書。 これから何が必要になり、逆に何が不必要になるのか? 目次 著者情報と概要感想引用❶引用 ...

ReadMore

2020/2/18

書評:批判的スポーツ社会学の論理ーその神話性と犯罪性をつくー 影山健著

  オリンピック? 汚輪ピック?   目次 著者情報と概要感想引用❶引用❷引用❸まとめ 著者情報と概要 影山健 一九三〇年生まれ(二〇一六年没) 東京教育大学体育学部卒業 東京大学 ...

ReadMore

2020/5/14

書評:恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 牛窪恵

  「恋愛しない若者」 とよく聞くけれども、その内実ってどうなっていて、何が原因になっているのだろうとはあまり考えたことはなかった。 しかし、そのままでは大学生の名が廃る。 気になったのなら ...

ReadMore

フランス語

2020/2/16

美女と野獣をフランス語で読んでみた。本の内容も紹介します。

    フランス語で「星の王子さま」を読み終わり、容易な文章ならばある程度読めるようになった(と思う)ころ 私が次に選んだ物語は フランス語で名作短編か編まれた一冊。   ...

ReadMore

2020/2/12

書評:カエルの楽園 百田尚樹著

  「forecast」 予言という意味をもつ。 これから紹介する本は、ある種「予言書」ともいえる一冊。   これらの出来事を見て、あなたは何を思うか。 目次 著者情報と概要感想引用まとめ 著者情報と概要 百田尚樹 1956(昭和31』年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊と呼ばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『影法師』『大放言』『フォルトゥナの瞳』『 ...

ReadMore

観光

2020/2/10

TOKYOアニメツーリズム:観光学から見るとどう見えるか大学生が考えてみた。僕のヒーローアカデミア,東京

  アニメ? 僕のヒーローアカデミア? ツーリズム?   これって、私のためのネタだろうか?(知らねぇよ) なぜなら、私は僕のヒーローアカデミアのファンであり、観光学を専攻している ...

ReadMore

2020/2/9

書評:不道徳教育講座 三島由紀夫著

    七〇〇〇と数百日生きていると色々分かってくる。 この世には、漫画の様などんでん返しなぞそうそう起こるわけでもない。 人様というものは、自分が最も愛らしく、 他人を助けたいと ...

ReadMore

2020/2/9

書評:ケータイ化する日本語 佐藤健二著

  本とはまっこと物珍しいものなんだな。 自分がタイトルや、「はじめに」、「あとがき」からは予想もつかない内容に関して、気づきもしなかったことを教えてくれる。 この「ケータイ化する日本語」という著書は、 一貫したテーマがありながら、様々な分野について教えてくれる。   いや、そうしなければ語りつくせないテーマなのだ、と考えた方が適切かもしれない。     目次 著者情報と概要感想引用❶引用❷引用❸まとめ 著者情報と概要 佐藤健二 1957年生まれ。東京大学文学部社会 ...

ReadMore

哲学

2020/3/19

大学生が哲学を勉強するべきではない理由。

  大学生はん本当にすることがたくさんある。 ありすぎる。   しかし同時に大学生は、勉強もしなければならないという。 いやぁ忙しい。   ではこの記事では、大学生が哲学 ...

ReadMore

フランス語

2020/2/8

フランス語のここが難しい。大学生が勉強して感じたフランス語の難点。

        フランス語を勉強し始めて、11カ月目(2020年2月某日現在) 以前にも フランス語の「難しさ」についての記事を書いたことがあるのだが、 今回は ...

ReadMore

2020/2/15

書評:幸せになる勇気ー自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ 岸見一郎,古賀史健著

  「なんか、いたいかんじがするんだよなぁ~...」   自己啓発本が、どこか胡散臭いと敬遠していたが、 偶にはこういった類の本も参考にしてみるのもいいか・・・ と思い立ち この本 ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索

2020/6/14

デク(緑谷出久)の本当の個性についての考察。ヒロアカファン大学生が考えてみた。

    今回は、1、2年ほど前からささやかれている「緑谷出久」の本当の個性について考えていこうと思います。 大丈夫です。 私なりに調べて、私だけのオリジナル考察を作ってあります・・・! では参りましょう!   関連記事 緑谷出久が自殺しなかったのは爆轟勝己のおかげ⁉説|考察・推測 ...   目次 「デク」という名に隠された秘密僕のヒーローアカデミアとは?緑谷出久の本当の個性デク=出来?志賀丸太の件から設定を凝っているからこそ個性:可能性まとめ関連記事 ...

ReadMore

2020/2/6

書評:日本語の技能 読む・書く・話す・聞くー4つの力 斎藤孝著

「読む・書く・話す・聞く」 いや最近は、 「Reading, Writing, Speaking, Listening」 の方が重視されているような気がする。 日本語での4技能も十分に使いこなせるうえ ...

ReadMore

2020/2/5

書評:日本語はだれのものか 吉川弘文著

  ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。 淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまりたる例なし。 世の中にある人と栖と、またかくのごとし。   鴨長 ...

ReadMore

 

-英語
-

Copyright© アナクシマンドロス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.