思索

デク(緑谷出久)の本当の個性についての考察。ヒロアカファン大学生が考えてみた。

 

 

今回は、1、2年ほど前からささやかれている「緑谷出久」の本当の個性について考えていこうと思います。

大丈夫です。

私なりに調べて、私だけのオリジナル考察を作ってあります・・・!

では参りましょう!

 

関連記事

緑谷出久が自殺しなかったのは爆轟勝己のおかげ⁉|考察・推測 ...

 

「デク」という名に隠された秘密

この考察は、緑谷出久が秘めているかもしれない本来の個性について

彼のヒーロー名・名前「デク(緑谷出久)」という名前から考察します!

 

でもその前に、軽く「僕のヒーローアカデミア」を少しだけ復習・・・!

僕のヒーローアカデミアとは?

では改めて、「僕のヒーローアカデミア」がどんなストーリーなのか、確認しましょう。

多くの人間が”個性こせい”という力を持つ。だが、それは必ずしも正義のための力ではない。しかし、避けられぬ悪が存在する様に、そこには必ず我らヒーローがいる!

ん?私が誰かって!HA-HA-HA-HA-HAハッハッハッハッハッ !

さぁ、始まるぞ少年!君だけの夢につき進め!

Plus Ultraプルスウルトラ„!!

堀越耕平、(2014)、『僕のヒーローアカデミア』、集英社

マンガの裏表紙から引用させていただきました。簡単ではありますが、何となくイメージは沸くと思います。

 

「個性」。

これが、とんでもなく重要になってくる要素です。

緑谷出久の本当の個性

これに関しては、他の記事の推測と変わりありません!

緑谷出久の母親は、モノをひきつける個性。

父親は、火を吹くと緑谷引子(出久の母)は言っています。

 

オーバーホール(治崎廻)との戦闘において、出久は見事、サー・ナイトアイの予知とは異なる未来を実現させました。

私的には、未来を変えたというよりかは

予想されていた未来とは、同じではない未来をつかみ取った、の方がしっくりくると思います!

ここで

他のサイトに興味深い内容があったので引用します。

「火を引き付ける」のではなく、

「火という名の可能性を引き寄せる力」になっているのなら、

割とカッコいい個性になるように思えます。

出典:https://xn--w8jtkjf8c570x.com/?p=40255

私は

この「可能性」という言葉に注目したいと思います。

 

 

デク=出来?

緑谷出久は、「みどりやいずく」と呼びますよね。

では、かっちゃんが彼を呼ぶときは何といいますか?

 

「デク」、ですよね。

「おい!クソデク!!」と、どこからか聞こえてきそうです・・・。

さて

ある本を読んでいた時に、まぁ関係ないかもしれませんが!、これまた面白い記述を発見したのです。

それがこちら・・・!

漱石は「自分がそこで逆立ちをすること」で説明し、その possibility はあるが、probability はない、と言ったのだったと思う。逆立ちすることはできるが、教室で実現する見込みはない。

(中略)

Possiblity 可能アタフベキコト、可成デクベキコト、可能性カノウセイ

(工藤力男、2009、114-115)

はい。

いっちばん注目してほしい部分が。

可成デクベキコト」という所!

デクベキコト」と書いてありますよね・・・!

この記述を見た瞬間、先ほどの考察とバシッッ!!とつながりました! これだ!って。

かっちゃんは、「出久いづく」のことを、木偶の坊からとって「デク」と呼んでいました。

お茶子は、「出久」のことを、頑張れって感じの「デク」と呼びました。

 

でもそれだけではない。

「可成」➡「可」➡「デク」➡「出来」➡「できる」➡「可能」➡「可能性」

デク(緑谷出久)の個性(仮)は、火という名の可能性を引き付ける、と考えられる証拠がこれです!

もう、これしかないでしょう・・・!

と私は思いました。

 

志賀丸太の件から

最近、史実を想起させるとして、「志賀丸太」という名が批判されていました。

名前も変更されるようです。

でもこの時思ったことが、堀越耕平さんは、とんでもなく設定を凝って作り上げているのでは?ということ。

変えなくてもいいんじゃないかと、思っても仕方がないかもしれませんが・・・。

設定が凝っているからこそ

僕のヒーローアカデミアを読んでいる人は分かると思いますが、

登場人物の名前って、「個性」に関連しているものになっているのです。

かっちゃんだって、爆轟勝己です。

 

  • 青山優雅(ネビルはノーブル(高貴・優雅):nobleの類語だと思われます)
  • 芦戸美奈(芦戸→アシド→acid(酸))
  • 蛙吹梅雨(蛙を象徴するも漢字)
  • 飯田天哉(韋駄天)
  • 麗日お茶子(?)
  • 尾白猿尾(尻尾という個性)
  • 上鳴電気(そのままですね)
  • 切島鋭児郎
  • 口田甲司
  • 障子目蔵
  • 耳郎響香
  • 瀬呂範太
  • 常闇踏影
  • 轟焦凍
  • 葉隠透
  • 爆轟勝己
  • 峯田実
  • 八百万百

他の子たちの説明は全部は説明しませんが、一見分かりにくいようにも見えますが、名前が個性と関連していることはほぼ間違いないと思います。

では・・・

「緑谷出久」にもその法則があるとしたら・・・?

先ほどの、「可成デクベキコト」から連想される個性が、「緑谷出久」という名前に実は関連しているとしたら・・・

それとも、本当に個性がなく「緑谷出久」という、何ら個性に関係の無い名前なのか?

 

個性:可能性

僕のヒーローアカデミアを英語で読むvol.2 Reading My hero academia vol.2

もし、彼の真の個性が明かされるとしたら、

名前は「可能性」でしょうか。

他にカッコいい名前は無いかと、考えましたが、「蓋然性」は意味が違うので止めました。

ちょっとダサいですかね・・・。

 

まとめ

さて、どうでしたでしょうか?

マンガの内容も含めつつ、主人公の名前の意味、響きから考えてみました。

後今思いついたのですが、

ワンフォーオールの九代目だから、

「緑谷出九(きゅう)」なのだ、

と別の法則を名前に導きださせることによって

出久の名前の

出久(出来/デク=可能性)

という

「もう一つの要素を隠す」働きをしているのかなぁと思ってみたりしました。

 

皆さんはどう考えますか?

 

 

関連記事

実は、僕のヒーローアカデミアを日本語以外の言葉で読み、紹介しています。

是非ご覧ください~。

僕のヒーローアカデミアの備忘録(随時更新中~)

 

僕のヒーローアカデミアの最終決戦予想!

31代目ワン・フォー・オール継承者!?

 

 

僕のヒーローアカデミアを英語で読んでみた。

Vol.1「Izuku midoriya : Origin」

Vol.2「Rage you damm nerd」

Vol.3「All might」

 

僕のヒーローアカデミアをフランス語で読んでみた。

Vol.1

 

ネタバレ注意!僕のヒーローアカデミア第五期:キービジュアルに隠された秘密。

 

参考文献:工藤力男、2009、「漱石が逆立ちする可能性」、『かなしき日本語』、重光徹,竹下ちか編、笠間書院、114-115

 

 

-思索

Copyright© アナクシマンドロス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.