書評?:読みたいことを書けばいい。―人生が変わるシンプルな文章術。田中泰延著。

今回は、

「読みたいことを書けばいい。」

の書評を

 

 

 

 

 

 

書きません!!!

えぇ。書きませんとも・・・!

 

この本の初版は2019年のぉ、6月12日ぃ・・。

ネット上には、この本の書評などくそっ程、転がっているいる!

 

第一、この本を読み、まず書評を書いた時点で、私はもう馬鹿である。有象無象である。(あくまで過程の話だがね)

 

ならば、私が気になったところと、勝手に思うことを書けばいいのだぇあ!

私が面白いと思うことを、書く!

 

読みたいことを、書けばよいのだ。

この本のタイトルには、そう書いているだろ?

 

 

コロニアル・ラグァぁあぁ!!!(関係ない)

 

書いた人とこんな感じ

知らん。

ネットでもなんでもミルが良い。

本を読めばわかること、買えばよろしいの。

 

あと

字が大っっきい。って感じである。

まぁせめて、概要だけでも140字でまとめておこう。

概要

「書く」とはどういうことか。この本は、文章術やテクニックを学ぶためのものではない。

なぜ書くのか?何を書くのか?どう書くのか?田中泰延氏なりの、しかし大きく意味のある「書き手」の在り方を説いている一冊。ここで何を得るか?それは「書く」こと、そのものを考えることにつながることだろう。

思ったこと

ゴリラ

まず、いきなりゴリラである。詳しくは本を読んでくれ。

最近は、そういえばゴリラに関する本を読んだ。

ゴリラか?と聞かれたときは、これは私が単純に生物学的にゴリラに分類されているのか、そうではなく

ゴリラの持つ寛大さ、彼らの格差の無い寛容な社会、

それらをもはや持ち合わせていない、まるでサァル!ごとき人間を皮肉っているようにも聞こえた・・・!

あぁ本の読み過ぎはいけない。

ゴリラか、そうでないかだけの質問に、私は他者の考えをこれほど持ち出し、他者の思考方法に乗っ取られてしまった!

ショーペンハウアーのい・う・と・お・り、っってか!?

先駆的決意性

そうか。

どこかで、私は誰かに認められたかったのかもしれない。

すげえや。アブラハム・マズローさん。

 

人間は、だれしも承認欲求を持っているのかもしれない。いや、「かもしれない」じゃないな。持ってるな。

でも何故人は、誰かに認められたいのか?

色々意見はある。

先駆的決意性。言葉の能力の存在。

 

死ぬのが怖いってのは、それはつまり自分自身の「非在」を怖がっているのだ。

自分が誰からも忘れられてしまうから、それは最大の「自身の喪失」さ。

 

みんなご存じ、ハイデガー。(知らねえよ・・・)

彼の先駆的決意性はとても役に立つ。しかしそれは、確か自分の「非在」「喪失」を受け入れることになる。

 

自分の「死」を思いみることが出来てしまうのは、確かに現在をより良いものにするのに有用だあが・・・、それは同時に人間の「認められたい」という欲求を増長させているにほかならないのではないか?

ならば、人の存在性質そのものが、承認欲求というものを内包しているのではないか。

 

そうじゃないのか・・・!?

そういえば、人間が「死」を思うことができるのは、「言葉」の発達が関係しているそうだ。

私が思うに、(もしかしたら誰かが既に考えているかもしれないが!)

未来という考えを可能にする文法の複雑な諸装置の一つが、今ここにあり得ない「死」というものを案ずることを可能にしているのだろうね。

未来もとどのつまり、「未だ来ず」の世界、蓋然的世界を指す表現。ゆえにあり得ない「死」もその蓋然性には変わりないのだから、人間は先駆的決意を行うことができるのだと私は思う。

 

あぁ。今この他にこんなことを考えているひとがいるのだろうか・・・。

もはや私の文章は、勉強しないことがスタンダードな日本の大学生のそれでない。きっと彼らとは仲良くすることは出来ないな。(多分)

閑話休題

そうだ。この本を書いた人は

お世辞にも全然興味のわかない、あらすじを書いていた・・・。

では

私も書いてみよう。さぁ、どうだ。読む気がどんどん失せてくだろ

さて、今日から君はこのラングドレア・ビールの一員さ。

おっと、気を付けてくれ・・・!この西新南には、少しおいたがすぎる貴族、メイク・ファン氏が住んでいる。

噂では彼は、下弦の月が出ている時の、それも特に赤ん坊が泣いている間に、カーニヴァル的な行動を繰り返しているらしい。

 

とここまで頭を悩ませて書いてみたものの、適当な文章がこんなにも書くのが煩わしいなんて思わなんだ・・・。

あと短い。

 

いんよう

さてさてさ~て(メリオダス風)

冒頭の冒頭で、書評は書かないと言ってしまったが

少しは、書評らしいこともしておかなくては・・・。

ところが、それはかなりトンチキな思い違いだ。コンチキ号はノルウェーの人類学者トール・ヘイタダールが作った筏の船だが、いまこの話には関係ない。

(田中泰延、2019、221)

前述のようなどうしようもない文章を書いているが、これでも大学生である。引用の文献を記すくらいはしっかりやっておきたいね。

 

さて引用を見てみよう!と言っても・・・・

特段これを読んだところで、この本についてよく知ることができるというわけではない。

面白いと感じたから、引用しただけである。

是非このような文章の書き方は模倣してみたい。(というか盗む。)

 

少なくとも、分かってほしいことは、この本の著者は(私にとっては)読んでいる時に、笑みを零さずにはいられないほどには、飽きさせない文章を書いているということだ。

 

そこら辺の「文章術」みたいな本よりかは、読んでて楽しい。

 

まとめ

どうだい。

私は、この本を読んだときに、いつも通り書評を書くのが、少しあほらしく思えた。

だからタイトルも「書評?」としているのである。だからタイトル詐欺ではない。な~い・・・!

 

文章を書くということ。それはまずこの本を読んでみてからだ。情報というのは、実は無料ではない。

私がこの本を読めるのは、お金を払っているからだ。両親に感謝である!

 

少なくとも、私がこの本を読んで感じ取ったことの欠片は感じ取ってもらえ・・・・ないかもしれない。

いや、もしかしたら読み取れるかもしれない。

 

試しに他の私の他の書評の記事を見てみるといい。テイストが違いすぎて、私がまるで二重人格であるかのように思われるだろう!

ブログ

2020/5/20

大学生・コロナ:オンライン授業いつまで?どう勉強?テストは?過ごし方は?

    コロナウイルスの影響で 小中高、そして大学生にも大きな、大きな影響が出まくっている。   オンライン授業も、その影響の結果の一つ。   大学側は大慌て。学生も学生で、暇を極めている。本当にすることがない・・・   そんな「オンライン授業」について、   後はオンライン授業に対して不安な人のために   「大学生側」がどのように対応すればよいのか、まとめていこうと思います・・・!   目次 オンライン授業の期間色々な科目群 ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索 雑学

2020/4/7

ヒロアカ第五期:「新たな何かが、目覚める」隠された単語は?意味は?

    「僕のヒーローアカデミア」 第四期が終わり、さらには第五期の放送も決定しました。   そのキービジュアルも公開されました! 今回は、そのキービジュアルから、いろいろ考察してみたいと思います!   注意、この記事は「僕のヒーローアカデミア 第5期」のネタバレを含んでいる恐れが大きいです・・・! 閲覧にはご注意ください。   プルスウルトラ!!   目次  キービジュアル考察新しい何か。出久の後ろ関連記事  キービジュアル   &n ...

ReadMore

2020/2/25

書評:動物保護入門 ドイツとギリシャに学ぶ共生の未来 浅川千尋 有馬めぐむ著

  今回は、 始めて動物保護・愛護に関する本を手に取ってみた。 きっかけは、哲学の授業で環境倫理について学んだ時、ピーター=シンガーの「動物解放論」について知ったこと。 この本は、ピーター= ...

ReadMore

2020/2/25

書評:孤立不安社会 つながりの格差、承認の欲求、ぼっちの恐怖 石田美規著

    ぼっち 比企谷八幡という少年は、単なるラノベの主人公にとどまらなかった。   彼は、現代の「ぼっち」を象徴しているもの。 人に関心を持たず、労働を嫌い、専業主夫を ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索

2020/2/28

緑谷出久が自殺しなかったのは爆轟勝己のおかげ|考察・推測

  多分こんなこと書いているの私くらいでしょうね。(暇かよ)   僕のヒーローアカデミアの一巻を見てみると、結構かっちゃんの性格や言動がキツイ・・・。 演出と考えれば納得は出来るけ ...

ReadMore

asmr

2020/2/21

asmr おすすめ作品をご紹介。asmr歴4年以上の大学生がオススメします。❷

    目次 最近のASMRasmrをする人たち日本語asmrの増加?シチュエーション系の増加!私的オススメasmr!!ASMR 肩から背中にかけて叩くマッサージ - Should ...

ReadMore

2020/4/24

書評:男子が10代のうちに考えておきたいこと 田中俊之著

  絶望の国 ある人は、日本をそのように形容しました。 この本は、生きる術について考えるための指南書。 これから何が必要になり、逆に何が不必要になるのか? 目次 著者情報と概要感想引用❶引用 ...

ReadMore

2020/2/18

書評:批判的スポーツ社会学の論理ーその神話性と犯罪性をつくー 影山健著

  オリンピック? 汚輪ピック?   目次 著者情報と概要感想引用❶引用❷引用❸まとめ 著者情報と概要 影山健 一九三〇年生まれ(二〇一六年没) 東京教育大学体育学部卒業 東京大学 ...

ReadMore

2020/5/14

書評:恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 牛窪恵

  「恋愛しない若者」 とよく聞くけれども、その内実ってどうなっていて、何が原因になっているのだろうとはあまり考えたことはなかった。 しかし、そのままでは大学生の名が廃る。 気になったのなら ...

ReadMore

フランス語

2020/2/16

美女と野獣をフランス語で読んでみた。本の内容も紹介します。

    フランス語で「星の王子さま」を読み終わり、容易な文章ならばある程度読めるようになった(と思う)ころ 私が次に選んだ物語は フランス語で名作短編か編まれた一冊。   ...

ReadMore

2020/2/12

書評:カエルの楽園 百田尚樹著

  「forecast」 予言という意味をもつ。 これから紹介する本は、ある種「予言書」ともいえる一冊。   これらの出来事を見て、あなたは何を思うか。 目次 著者情報と概要感想引用まとめ 著者情報と概要 百田尚樹 1956(昭和31』年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊と呼ばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『影法師』『大放言』『フォルトゥナの瞳』『 ...

ReadMore

観光

2020/2/10

TOKYOアニメツーリズム:観光学から見るとどう見えるか大学生が考えてみた。僕のヒーローアカデミア,東京

  アニメ? 僕のヒーローアカデミア? ツーリズム?   これって、私のためのネタだろうか?(知らねぇよ) なぜなら、私は僕のヒーローアカデミアのファンであり、観光学を専攻している ...

ReadMore

2020/2/9

書評:不道徳教育講座 三島由紀夫著

    七〇〇〇と数百日生きていると色々分かってくる。 この世には、漫画の様などんでん返しなぞそうそう起こるわけでもない。 人様というものは、自分が最も愛らしく、 他人を助けたいと ...

ReadMore

2020/2/9

書評:ケータイ化する日本語 佐藤健二著

  本とはまっこと物珍しいものなんだな。 自分がタイトルや、「はじめに」、「あとがき」からは予想もつかない内容に関して、気づきもしなかったことを教えてくれる。 この「ケータイ化する日本語」という著書は、 一貫したテーマがありながら、様々な分野について教えてくれる。   いや、そうしなければ語りつくせないテーマなのだ、と考えた方が適切かもしれない。     目次 著者情報と概要感想引用❶引用❷引用❸まとめ 著者情報と概要 佐藤健二 1957年生まれ。東京大学文学部社会 ...

ReadMore

哲学

2020/3/19

大学生が哲学を勉強するべきではない理由。

  大学生はん本当にすることがたくさんある。 ありすぎる。   しかし同時に大学生は、勉強もしなければならないという。 いやぁ忙しい。   ではこの記事では、大学生が哲学 ...

ReadMore

 

引用文献:田中泰延、2019、「なぜ書くのか その1」、『読みたいことを書けばいいー人生が変わるシンプルな文章術』、今野良介編、ダイヤモンド社、221

-
-

Copyright© アナクシマンドロス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.