書評:日本語はだれのものか 吉川弘文著

 

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。

淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまりたる例なし。

世の中にある人と栖と、またかくのごとし。

 

鴨長明は確かにそう残した。

 

言葉もまた、時代の変化に伴い移ろうものである。須らくその様相が一様であったことは、おそらく一度もない。

日本語も、常に変化にさらされている言葉の一つだ。

 

日本語は、一体誰のものなのだろう...

著者情報と概要

日本語はだれのものか

川口良

一九五七年生まれ、一九九三年お茶の水女子大学大学院人文化学研究科修士課程修了、現在秀明大学国際協力学部助教授

主要論文・著書

日本人および日本語学習による福祉「やっぱり」の語用論的前提の習得について(『日本語教育』81号) NAFL日本語教師養成プログラム20ー話し方の教育/書き方の教育(共著)

角田史幸

一九五〇年生まれ、一九七八年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得、現在秀明大学総合経営学部教授

主要著書・訳書

現代経営学ー経営戦略論とその周縁(共著) 新世代は一線を画す(N・チョムスキー著、共訳)

 

概要

「日本語」とは?この本は、その疑問に対して、理解の一助となる考えを示してくれる一冊である。若者の日本語の乱れ、一国家一言語、言語の多様性、日本語にまとわりつく、論拠の無い偏見や、考えを改め、今一度「日本語」を見つめ直す良い契機となる、興味深い本である。日本語にある意外な性質とは?

感想

最近、「日本語」に関する本を読みすぎている。

当たり前なことと言えば、当たり前なのだが、関連してくる人物や、概念、考え方が似通ってくることが多い。

当然?

感想もそれに伴って似てきてしまうのである。う~ん。

しかし、

この本なりの感想を書かねばならない(メタ発現)

そうだな・・・

日本語ないし言葉の両義性について学ぶことができた、というところだろうか。

詳しく書いてしまうと、後々書くことが無くなってしまうので、ここまでにする。

引用❶

そうして作り出された「若者ことば」は、単にそのときの流行語として消えていくものばかりではなく、時代を超えて年代を超えて、新しい日本語の語彙として定着していくものもあるのです。そういう意味では、「若者」は「新しい日本語の創始者」とも言えるのではないでしょうか。(川口良,角田史幸、2005、21)

言葉をつくるとは、よくよく考えてみれば、大変なことである。

音を意味と対応させ、そしてそれを多くの人と共有していく。

ただの「音」という振動の共有ではなく、事象の性質をも分かち合う。

そのようなプロセス(もしかしたらさらに幾重の過程があるかもしれないが)を経て、「言葉」はその形を成していく。

 

そう考えると、今私が使っているこの「言葉」は一体どれほどの歳月を掛けて、ラングとして成り立つことができたのだろう・・・?

きっと、途方もないほどの、鍾乳洞が形成されるために必要な期間以上の時間を要して

この「言葉」は作られたのではないだろうか。

 

若者が、その膨大な逕路の片鱗を見せていると思うと、なんだか感動するのである。

 

 

引用❷

このように、言語を一つ二つと分けて数えるのは、言語そのものの性質によるよりはむしろ、その時代時代のさまざまな状況に大きく依存することであって、そこには、かなり恣意的な要素が入り込んでくるのです。(川口良,角田史幸、2005、76)

これは俄然興味深い考えだ。

言語そのものの特徴によって、「言葉」は分類されるものだと考えていた私は、このような恣意的な事情を考慮に入れることは、「言葉」を学うえで極めて意味のあることだと私は感じた。

日本が、相対的な存在であるように、「日本語」もまた相対的なものに過ぎないのだろうか?

 

引用❸

日本語はけっして「日本」と同値なのではない、日本語は単に「日本」語であるだけなのではない、逆接的な表現で言えば、「日本語でない日本語」が日本語内に存在している、ということなのです。(川口良,角田史幸、2005、205)

日本人=日本語という等式は成り立つが、

日本語=日本人という等式は成り立たない、ということだろうか。

しかし興味深いことは、言語が原初から、「多様性」というものを内包しているということである。

つまり、

政治的な単位と文化・民族的な単位を同一視するような視点を、言語にまで持ち込んでしまうと、誤解が生じてしまうということだと思う。

多様性があるからこそ、特殊性(民族性)が保たれる

そういった、一見矛盾するような性質が「言語」には備わっているのではないだろうか?

 

まとめ

さて、どうでしたでしょうか?

参考にしていただければ幸いです。

ブログ

2020/5/20

大学生・コロナ:オンライン授業いつまで?どう勉強?テストは?過ごし方は?

    コロナウイルスの影響で 小中高、そして大学生にも大きな、大きな影響が出まくっている。   オンライン授業も、その影響の結果の一つ。   大学側は大慌て。学生も学生で、暇を極めている。本当にすることがない・・・   そんな「オンライン授業」について、   後はオンライン授業に対して不安な人のために   「大学生側」がどのように対応すればよいのか、まとめていこうと思います・・・!   目次 オンライン授業の期間色々な科目群 ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索 雑学

2020/4/7

ヒロアカ第五期:「新たな何かが、目覚める」隠された単語は?意味は?

    「僕のヒーローアカデミア」 第四期が終わり、さらには第五期の放送も決定しました。   そのキービジュアルも公開されました! 今回は、そのキービジュアルから、いろいろ考察してみたいと思います!   注意、この記事は「僕のヒーローアカデミア 第5期」のネタバレを含んでいる恐れが大きいです・・・! 閲覧にはご注意ください。   プルスウルトラ!!   目次  キービジュアル考察新しい何か。出久の後ろ関連記事  キービジュアル   &n ...

ReadMore

2020/2/25

書評:動物保護入門 ドイツとギリシャに学ぶ共生の未来 浅川千尋 有馬めぐむ著

  今回は、 始めて動物保護・愛護に関する本を手に取ってみた。 きっかけは、哲学の授業で環境倫理について学んだ時、ピーター=シンガーの「動物解放論」について知ったこと。 この本は、ピーター= ...

ReadMore

2020/2/25

書評:孤立不安社会 つながりの格差、承認の欲求、ぼっちの恐怖 石田美規著

    ぼっち 比企谷八幡という少年は、単なるラノベの主人公にとどまらなかった。   彼は、現代の「ぼっち」を象徴しているもの。 人に関心を持たず、労働を嫌い、専業主夫を ...

ReadMore

ヒロアカ:緑谷出久は「個性」を持って「個性的」になったのか?

思索

2020/2/28

緑谷出久が自殺しなかったのは爆轟勝己のおかげ|考察・推測

  多分こんなこと書いているの私くらいでしょうね。(暇かよ)   僕のヒーローアカデミアの一巻を見てみると、結構かっちゃんの性格や言動がキツイ・・・。 演出と考えれば納得は出来るけ ...

ReadMore

asmr

2020/2/21

asmr おすすめ作品をご紹介。asmr歴4年以上の大学生がオススメします。❷

    目次 最近のASMRasmrをする人たち日本語asmrの増加?シチュエーション系の増加!私的オススメasmr!!ASMR 肩から背中にかけて叩くマッサージ - Should ...

ReadMore

2020/4/24

書評:男子が10代のうちに考えておきたいこと 田中俊之著

  絶望の国 ある人は、日本をそのように形容しました。 この本は、生きる術について考えるための指南書。 これから何が必要になり、逆に何が不必要になるのか? 目次 著者情報と概要感想引用❶引用 ...

ReadMore

2020/2/18

書評:批判的スポーツ社会学の論理ーその神話性と犯罪性をつくー 影山健著

  オリンピック? 汚輪ピック?   目次 著者情報と概要感想引用❶引用❷引用❸まとめ 著者情報と概要 影山健 一九三〇年生まれ(二〇一六年没) 東京教育大学体育学部卒業 東京大学 ...

ReadMore

2020/5/14

書評:恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 牛窪恵

  「恋愛しない若者」 とよく聞くけれども、その内実ってどうなっていて、何が原因になっているのだろうとはあまり考えたことはなかった。 しかし、そのままでは大学生の名が廃る。 気になったのなら ...

ReadMore

フランス語

2020/2/16

美女と野獣をフランス語で読んでみた。本の内容も紹介します。

    フランス語で「星の王子さま」を読み終わり、容易な文章ならばある程度読めるようになった(と思う)ころ 私が次に選んだ物語は フランス語で名作短編か編まれた一冊。   ...

ReadMore

2020/2/12

書評:カエルの楽園 百田尚樹著

  「forecast」 予言という意味をもつ。 これから紹介する本は、ある種「予言書」ともいえる一冊。   これらの出来事を見て、あなたは何を思うか。 目次 著者情報と概要感想引用まとめ 著者情報と概要 百田尚樹 1956(昭和31』年、大阪市生れ。同志社大学中退。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006(平成18)年『永遠の0』で作家デビュー。他の著書に『海賊と呼ばれた男』(第10回本屋大賞受賞)『モンスター』『影法師』『大放言』『フォルトゥナの瞳』『 ...

ReadMore

観光

2020/2/10

TOKYOアニメツーリズム:観光学から見るとどう見えるか大学生が考えてみた。僕のヒーローアカデミア,東京

  アニメ? 僕のヒーローアカデミア? ツーリズム?   これって、私のためのネタだろうか?(知らねぇよ) なぜなら、私は僕のヒーローアカデミアのファンであり、観光学を専攻している ...

ReadMore

2020/2/9

書評:不道徳教育講座 三島由紀夫著

    七〇〇〇と数百日生きていると色々分かってくる。 この世には、漫画の様などんでん返しなぞそうそう起こるわけでもない。 人様というものは、自分が最も愛らしく、 他人を助けたいと ...

ReadMore

2020/2/9

書評:ケータイ化する日本語 佐藤健二著

  本とはまっこと物珍しいものなんだな。 自分がタイトルや、「はじめに」、「あとがき」からは予想もつかない内容に関して、気づきもしなかったことを教えてくれる。 この「ケータイ化する日本語」という著書は、 一貫したテーマがありながら、様々な分野について教えてくれる。   いや、そうしなければ語りつくせないテーマなのだ、と考えた方が適切かもしれない。     目次 著者情報と概要感想引用❶引用❷引用❸まとめ 著者情報と概要 佐藤健二 1957年生まれ。東京大学文学部社会 ...

ReadMore

哲学

2020/3/19

大学生が哲学を勉強するべきではない理由。

  大学生はん本当にすることがたくさんある。 ありすぎる。   しかし同時に大学生は、勉強もしなければならないという。 いやぁ忙しい。   ではこの記事では、大学生が哲学 ...

ReadMore

 

-
-

Copyright© アナクシマンドロス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.