その他の文法

実は知らない!?英語の関係代名詞を使う時に◯◯◯を意識しなければいけないこと。

関係代名詞というものがある。

あなたは、これについて何を思うだろうか?

関係代名詞は「名詞を説明するのに使う節」とか「説明される名詞」を結びつけるために使われるものを言ったりします。

しかぁーし、

使い方だけを説明されてもあまり納得がいかない。

関係代名詞を使う際に、どのような意識があるのかを多くの人が知らないのではないでしょうか。では、参りましょう。

制限的用法と非制限的用法

1,The electron microscopes which are made in japan are quite accurate.

そして、

2,The electron microscopes,which are made in japan,are quite accurate.

の違いをあなたはご存知でしょうか。

 

では訳を見てみましょう。

①、日本製の電子顕微鏡はかなり正確である。

②、その電子顕微鏡はかなり正確である。 

う~ん、あまり違いはありませんね。

隠された意識の違い

 

次に1番と2番の、隠されている意識を加えて、訳をもう一度見てみましょう。

①、(他の国のものに対して)日本製の電子顕微鏡はかなり正確である。

②、その顕微鏡(日本製)の電子顕微鏡はかなり正確である。

つまり、①の場合は日本製の電子顕微鏡以外に、他の国で作られた顕微鏡を意識しているのです。一方、②の場合は主に意識されているものは日本製の電子顕微鏡である。

二番目の文、

The electron microscopes ,which are made in japan, are quite accurate.という文は、

which are made in Japan が、カンマ「,の間にそんざいしているのは、日本で作られたという情報が顕微鏡を限定するためではありません。

つまり①の場合は、顕微鏡を限定するための which are made in Japan であり、②の場合、顕微鏡が日本で作られたという情報を加えるだけの単なる飾りに過ぎないのです。

カッコをつけても大丈夫

②の文は、which are made in Japan が単なる情報に過ぎないと説明しました。つまり、他の顕微鏡を意識していないからこそ

カッコ()をつけても意味が少しも変わらないということになるのです。

The electron microscopes (which are made in japan) are quite accurate.

ニュアンスとしては、「その電子顕微鏡はかなり正確なんだよ。ちなみに日本製だけどね。」という感じでしょうか。最後の情報は有っても、無くても変わりませんね。

まとめ

  • 制限的用法と非制限的用法には、意識の差が存在している。
  • 非制限的用法の情報は単なる追加情報に過ぎない。
  • 制限的用法は他社への強い意識が存在している。

使い方だけでなく、こうした意識の差も参考にしてみると関係代名詞への理解度が深まるかもしれませんね。

 

 

-その他の文法
-,

Copyright© アナクシマンドロス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.